Proceedings of JASFL

 

Volume 1(2007)

Volume 2(2008)

Volume 3(2009)

Volume 4(2010)

Volume 5(2011)

Volume 6(2012)

Volume 7(2013)


Proceedings of JASFL Volume 1 (2007)

日本語テクストにおける過程構成の統計的分析 (pp.1-8)
藤田 透

『羅生門』の研究 −物質過程を中心に− (pp.9-18)
鷲嶽正道

日中・中日翻訳におけるテクスト形成的機能:
「出発点」の特徴に関する対応分析 (pp.19-30)
鄧 敏君

日本語テクストにおけるThemeの有標性への視点 (pp.31-44)
長沼美香子

サイコセラピーにおけるクライアントの洞察と談話の結束性との連関 (pp.45-58)
加藤 澄、エアハード・マッケンターラー

米国の煙草の広告のReading Path (pp.59-64)
奈倉年江

アスペクト表現における対人的機能の考察 (pp.65-74)
船本弘史
                           
「日本語を母国語とする幼児におけるPrimitive functions (Halliday 1975)
の出現と使用に関するケーススタディ」(pp.75-88)
木村紀子

日本の英語教科書にみられるジャンル (pp.89-104)
早川知江

The Role of Genre in Language Teaching: The Case of EAP and ESP (pp.105-114)
Virginia M. Peng

Texts, Systemics and Education: An Expansion of a Symposium
Contribution to the 2006 JASFL Conference (pp.115-127)
David Dykes


Proceedings of JASFL Volume 2 (2008)

The Kyoto Grammarの枠組みによる品質を表す形容詞の分析(pp.1-10)
藤田 透

日本語助動詞の研究:多義性から多機能性へ (pp.11-22)
船本弘史

Grammatical Intricacy, Genre, Language Function and Pedagogy (pp.23-38)
Howard DOYLE

日本語・英語の「説得」:観念構成的意味を中心に (pp.39-50)
佐藤(須藤)絹子

Are There Modal Imperatives? – Just Someone Dare Say No! (pp.51-66)
David DYKES

英語教育におけるジャンルと過程型 (pp.67-82)
早川知江

サイコセラピーにおける問題の外在化のための語彙-文法資源 (pp.83-96)
加藤 澄
                           
日本語テクストのSubjectとPredicateの役割に関する一考察 (pp.97-106)
水澤祐美子

Honorifics and Interpersonal Function (pp.107-122)
Miroslawa KACZMAREK

イデオロギーの復興 (pp.123-134)
南里敬三

「は」と「が」そのメタ機能からの再考 (pp.135 -149)
龍城正明


Proceedings of JASFL Volume 3 (2009)

文言テクストの2つの解釈                
―「漢文訓読」とプリンストン大学「古典中国語」― (pp. 1-14)
佐藤 勝之

ESL/EFLリーディング教科書の批判的談話分析 (pp.15-24)
阿部 聡、田中 真由美

ジャンルと英語教育:美術書にみる文法資源選択の偏り (pp.25-38)
早川 知江

日本語の形容詞と動詞が具現する過程型: 
The Kyoto Grammarの選択体系網を用いた分析 (pp.39-48)
藤田 透

日本語における無助詞の機能  ― 主題性を中心に ― (pp.49-58)
福田一雄

日本語における経験機能文法の構築 (pp. 59-72)
南里敬三

日本におけるSFLの英語教育への応用:5文型とbe動詞を中心として (pp.73-84)
佐々木真


Proceedings of JASFL Volume 4 (2010)

日本語の呼称表現の会話における機能 (pp.1-12)
小堀千寿

The Genre of, and the Genres within, the English Conversation:
Successfully Creating Conversational Texts in the EFL Classroom (pp.13-28)
Anthony G. RYAN

Critical Discourse Analysis of a Government Approved Textbook:
Aiming for its Application to English Language Teaching (pp.29-40)
Mayumi TANAKA

A Systemic Functional Study of Particles in Japanese and Cantonese:
an Initial Exploration (pp.41-58)
Ayako OCHI and Marvin LAM

日本語のVisual  Syntax (pp. 59-68)
奈倉年江

3種類の日本語ヘルプテクストの修辞構造分析と比較 (pp.69-78)
伊藤紀子、 岩下志乃、 杉本徹、 小林一郎

節境界に関わる問題:動詞の文法化 (pp.79-92)
早川知江
                                                                         
Modeling Time and Space in Narrative Research Interviews (pp.93-104)
Patrick KIERNAN

社説からリサーチ・ペーパーへ (pp.105-118)
石川 彰


Proceedings of JASFL Volume 5 (2011)

The Analysis of Evaluative Stances across Genres of Research
Following the Prosodies of Value in Attitudinal Terms– (pp.1-10)
Tomoyo OKUDA

日本語のCIRCUMSTANCE Systemについて (pp.11-24)
早川知江

The Kyoto Grammarによる助動詞群の過程構成中での分析 (pp.25-36)
藤田 透

広告画像の‘排他性’はどのように具現されるのか。(pp.37-42)
奈倉年江

An Expert Advice Writer’s Persona: Three Faces of Role Enactment (pp.43-52)
David DYKES

マクロ・ジャンルとしての新聞 (pp.53-60)
鷲嶽正道

英字新聞記事におけるアプレイザルのはたらきについて
―テクストにおける主情報の展開とその評価― (pp.61-74)
飯村龍一
                                                            
Evaluative Resources for Managing Persona in Narrative (pp.75-86)
Patrick KIERNAN

An Analysis of Local textual Cohesion Surrounding Contrastive Concepts
and Positions in Lecture Texts (pp.87-100)
Akira ISHIKAWA

日本語関係過程の意味構造
― 措定文・指定文・同定文・同一性文の区別につい (pp.101-114)
福田一雄


Proceedings of JASFL Volume 6 (2012)

法副詞no doubt, doubtless, undoubtedlyの生起文脈について
―過程構成の観点から― (pp.1-10)
鈴木大介

A First Look at Classroom Curriculum Genres
in Japanese Tertiary EFL (pp.11-18)
Thomas AMUNDRUD

日本語のモダリティ:階層下降か文法的比喩か (pp.19-32)
早川 知江

日本語と英語の天気予報におけるマルチモダリティー (pp.3-44)
鷲嶽正道

修辞ユニット分析によるQ&A
サイトアットコスメ美容事典とYahoo!知恵袋の比較 (pp.45-58)
田中弥生

Exploring Identity Negotiation in an Online Community (pp.59-72)
Patrick KIERNAN
                                      
Characterising the Argumentative Nature of Opinion Articles (pp.73-86)
Akira ISHIKAWA


Proceedings of JASFL Volume 7 (2013)

Affiliation over Crisis:Physicists’ Use of Twitter Mode on
Fukushima Daiichi NPP Accident (pp.1-14)
Ayumi INAKO

Clause Type and Speech Functions in a Time Management Advice Text (pp.15-26)
David DYKES

Making the Link
–The Use of Links and Other Forms of Reference in Online Forums– (pp.27-36)
Patrick KIERNAN

Institutionalizing Culture: Role of Appraisal in Story Genres (pp.37-46)
Hyo Chang HONG and Shinji KAWAMITSU

日本語を非母語とする日本語学習者が書いたお礼の手紙の考察 (pp.47-56)
水澤祐美子、Rowena WARD

A Registerial Study of Reporting and Exploring Text Types
in Japanese, Chinese and English   (pp.57-72)
Sonya CHIK

日本語の心理過程:「見る」と「見える」(pp.71-84)
早川知江

External and Internal Conjunction Reexamined:
An Attempt to Expand the Conjunctive System (pp.85-98)
Akira ISHIKAWA

教科書は教育的イデオロギーを超えられるか
―事例研究『走れメロス』 (pp.99-112)
佐藤勝之
                                                                
報道における投射文のもつ言語論理 (pp.113-124)
照屋一博